<   2018年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

震災後3月末までの花時計

花時計移転セレモニーの時に、花時計の歴史のパネルが立てられました。
しばらく展示するのかと思っていましたが、30分くらいのセレモニーが終わると
撤去されてしまいました。
b0051598_21235264.jpg
撮影したものから。

b0051598_21235647.jpg
b0051598_21240105.jpg
意外に花時計の復活は早かったようですが。
b0051598_21240629.jpg
お正月のハボタンのままで震災を迎え、2月の写真もハボタンの
ままの花時計を見ると、当時を思い出し胸が詰まります。
b0051598_21241005.jpg
「よみがえれKOBE!頑張れ神戸っ子!!」と外枠に書いてありますね。




by kobeport | 2018-11-30 21:32 | 神戸 | Comments(0)

こうべ花時計 針を止めました。移転セレモニー

こうべ花時計の移転セレモニーが行われました。
長くこの地にあった花時計ですが、来年3月に東遊園地南端の
噴水広場に仮移転します。
b0051598_19551773.jpg
その後、最終的な移転先はまだ未定です。

針を止める瞬間の動画です。

このあと、「こうべ花時計」の大きなプレートが外され、関係者の記念撮影。
b0051598_19552457.jpg
b0051598_19585560.jpg

b0051598_19585965.jpg
そしてプレートはまた針を止めた花時計に戻されました。
b0051598_19591114.jpg
この日のうちに針を外され、12月3日から撤去を始めるそうです。



by kobeport | 2018-11-29 20:07 | 神戸 | Comments(2)

水素スマートシティ神戸構想

ポートアイランドのスポーツセンターの南側に水素発電実証施設が
あります。
11月21日にその施設の見学会がありました。

写真は水素で動力を得ている車です。
b0051598_21065892.jpg
来年1月にバンドー青少年科学館でこの水素で動く車の試乗会が
あるそうですので、青少年科学館のHPは要チェックです♪

施設は撮影禁止などで写真はありません。
b0051598_21070247.jpg
上の写真はその施設の東側から撮っています。

現在水素発電で得た電力は近隣のポーアイの施設の神戸国際展示場、
神戸新交通、ポートアイランドスポーツセンターに、また熱は
中央市民病院に提供されているそうです。

この事業は平成27年に始められ、平成29年に実証運転、今年に入ってからは
四季を通じた性能検証、一定時間運転後の健全性評価の査定の段階です。

見学会では、水素CGS(コジェネレーションシステム:水素と天然ガスを
燃料とする発電設備)の説明を川崎重工業株式会社、
統合型EMS(エネルギーマネジメントシステム:地域レベルでの
「水素」「電気」「熱」のエネルギー効率利用を目指すシステム)
の説明を大林組が担当されました。

この実証事業、つまり市街地で純水素を大量利用、複数の近隣公共施設
へCO²ゼロの熱電供給は世界初とのことです。
水素を作るのにはいろんな方法があるのですが、現在は
オーストラリアからの水素を利用しているそうです。
オーストラリアでは豊富に採れる褐炭から水素を作り、
液化水素運搬船で神戸空港北端に運びます。
現在まだその基地はできていないのですが、来年にも
液化水素荷役基地が神戸空港北端に建設されます。





by kobeport | 2018-11-27 21:33 | 神戸 | Comments(0)

スパコン京 最後の一般公開

何度か一般公開で見た京ですが、いつもガラス越しの京でしたが
今回は実際の京の間近で見ることができました。



by kobeport | 2018-11-25 21:12 | 神戸 | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった!ピースボート TOPAZ 2003年~2008年

神戸港によく寄港したピースボートTOPAZ。
b0051598_21312840.jpg
調べてみるとすごい船です。
32.327トンの船ですが、生まれは1955年。イギリスのグラスゴー。
当初はエリザベス2世の意味の「エンブレス・オブ・ブリテン」というりっぱな名前でした。
1994年に全面改装され2003年以降は日本のピースボートとして世界一周の旅を17回も。
2008年4月に引退しましたが、50年以上も就航し続けた長寿の船でした。
大きなファンネルが特徴でこの船が神戸港に入ると、うれしかったです。
b0051598_21313768.jpg
日本のピースボートになるまでの彼女の船人生もなかなかのもので
1965年、イギリスの船であった時代から、ギリシャの船会社に売却され名前も
「クィーン・アンナ・マリア」となりギリシャーアメリカを往復しました。
b0051598_21313395.jpg
1970年代になってアメリカのカーニバル・クルーズ社に売却され名前は「カルニバーレ」となりました。
地中海クルーズに就航。
1993年老朽化した彼女は。カーニバル・クルーズ社の子会社に行き「フィエスタ・マリーナ」と変名。
1955年、またまたギリシャの船会社へ売却され「オリンピック」という名に。
1997年、同じギリシャの会社へ売却され、そこで「ザ・トパーズ」となります。
そろそろそこで引退かと思われた2003年頃、日本のピースボート、「オリビア」の後継となりました。

2008年の引退まで日本の皆さんに愛されたと思います。








by kobeport | 2018-11-22 21:14 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

神戸にこんなものがあった! 帆船風のハーバーランド公園 2003年11月

ハーバーランドから和田岬の方へ向かうときに、シンボルのような
帆船の骨格のような風貌が見えました。
b0051598_21083727.jpg
まるで公園自体が帆船?
撮影は2003年11月。
b0051598_21084144.jpg
海に向かうへさきのようにも作られています。
b0051598_21084404.jpg
いつも面白いなぁと思いながら通り過ぎていましたが
今ではこの帆船風の造りの公園もリニューアルされてまったく
違った公園になっていました。
ここで遊んでいたら海に乗り出す船に乗っている気分で
楽しいだろうなぁ、目の前は神戸大橋~と思いながら。

懐かしい風景です。


by kobeport | 2018-11-21 21:13 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

神戸マラソン 清盛隊

清盛隊のgionさんと重盛さんも走られました。
そして二人とも、タビを履く間もなくフィニッシュステージに駆けつけ
踊られました。
歩けなくなる人もいたのに、すごいです、さすがです。
b0051598_19311388.jpg
神戸マラソンのフィニッシュ地点はこんな感じ。
b0051598_19312198.jpg


by kobeport | 2018-11-18 19:34 | 神戸 | Comments(0)

第8回神戸マラソン 優勝者

第8回神戸マラソンの優勝者は男女とも外国の方でした。
男子1位はモロッコのクァリル・ルムシェさん。
タイム2:13:54
b0051598_19211801.jpg
かなり披露困憊です。
b0051598_19212236.jpg
インタビューを待つ間もなかなか立てません。
b0051598_19212547.jpg
本当にお疲れ様でした。
b0051598_19212979.jpg
無事インタビュー。

女子1位はケニアのスーザン・ジェロティクさん。
タイム2:31:38
b0051598_19214028.jpg
この方は元気です。
オリーブの王冠の赤いバラが可愛い♪
b0051598_19214348.jpg
b0051598_19214639.jpg
脚が長い~(#^.^#)


by kobeport | 2018-11-18 19:26 | 神戸 | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった!ポーアイPC-5ターミナル 2003年12月

2003年12月6日撮影です。
ポーアイ再開発のため取り壊し中の岸壁PC-5.
ここはそれまでアメリカンプレジデントラインズが使用していました。
b0051598_21080231.jpg
現在この地はニトリの倉庫が建っているところです。

b0051598_21082110.jpg
上の写真は神戸市のwebからです。
今は大学が建ち並ぶポーアイ西岸壁ですが、ズラリとコンテナが
占めている港湾用地でした。
b0051598_21080754.jpg
b0051598_21081059.jpg


by kobeport | 2018-11-17 10:07 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

おぼや 元町店

JR元町駅北側の坂道の途中の焼肉のお店です。
本店は南千里にあります。
b0051598_20441963.jpg
元町店は7周年ということでリニューアルした、ちょうどあとに
訪問しました。
お店の外見と店内とでは印象がすごく違います。
店内はモダンでとても素敵でびっくりです。
b0051598_20442729.jpg
ここは「おぼ丼」が名物ということで冷麺とのセット。
b0051598_20443128.jpg
おぼやのタレは「母の味」ということでタレ自慢のようです。
さすがにおいしくいただきました。
冷麺もさっぱりとして焼肉丼とよく合います。
とおりがかりに入店しましたが、こんなところにこんなお店が。。。と
びっくりしました。





by kobeport | 2018-11-16 20:54 | グルメ | Comments(0)