<   2018年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

深海調査研究船「かいれい」一般公開 続き

b0051598_20203251.jpg
かいれいの後方部。
「かいこう」を格納するところが見えています。
活動していないときは、敷かれているレールでこの屋内に移動します。
b0051598_20203542.jpg

b0051598_20203884.jpg
海底地震計。

b0051598_20204315.jpg
すごく大きなプリンターを見ました。
海図を打ち出すのでしょうね。


[PR]

by kobeport | 2018-05-31 20:25 | 神戸 | Comments(0)

深海調査研究船「かいれい」一般公開

5月27日(日)に神戸港中突堤に寄港中の「かいれい」の
一般公開がありました。
b0051598_21210757.jpg
最大約7千メートルまで潜航可能な無人探査機「かいこう」の支援母体。
10年前にも神戸港に寄港したときも一般公開がありましたが、もうあれから
そんなに経ったのかと驚きました。
b0051598_21211066.jpg
ブリッジにはバルバスバウを動かす計器などもあります。
b0051598_21211578.jpg
ブリッジに続く部屋は意外と広いです。
ここで海図を広げられます。
b0051598_21211898.jpg
ここは、今回は横須賀に残してきた「かいこう」の操船室。
b0051598_21212282.jpg
いたるところモニターでいっぱいでした。
b0051598_21213263.jpg
厨房の様子。
作られるお料理はどれもおいしそうですね。
b0051598_21212894.jpg

b0051598_21213517.jpg

お正月にはすごいお料理が並びます。
b0051598_21212585.jpg


[PR]

by kobeport | 2018-05-29 21:29 | 神戸 | Comments(0)

楠公武者行列 その2

b0051598_21102885.jpg
午後からは湊川公園から南に下ってハーバーランド。
いつも青い海を背景のこの武者行列を見るのが好きなのですが
あいにくの曇り空でした。

高浜岸壁での行列は何度もコンチェルトに乗船される方々のために
中断されます。
b0051598_21104007.jpg
交通整理のように船の方へ誘導します。
最後に楠公さんへ到達する行列がかなり間があくのは、このような
ことがあったり、信号待ちのために列が長くなります。

馬がたくさん行列に加わるのでいろんなアクシデントがあるのも
面白いことです。
途中、馬糞の山を築いたり、おしっこをする馬も。
b0051598_21103580.jpg
皆で笑ってみています。(*^^*)
馬糞を掃除する人が馬の後についてまわっておられます。
b0051598_21103139.jpg
b0051598_21104499.jpg
最後に楠公さんの御霊の神輿が続きます。
b0051598_21105031.jpg
楠公さんの御霊の神輿は金色ですが、この写真は正成公の奥様の御霊の神輿。


[PR]

by kobeport | 2018-05-28 21:20 | 神戸 | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 第4突堤交番 ~2003年

2003年3月15日撮影です。
b0051598_19214777.jpg
第4突堤の根元にこんな交番がありました。
この場所はポートターミナルがある第4突堤から伸びる臨港線の際にあり
臨港線の神戸港駅(現みなとのもり公園)からも近く重要な場所で
あったと思われます。

撮影したあと、ほどなく撤去されてしまいました。
撮影は陸橋の上から。

b0051598_08444227.jpg
2003年7月20日撮影

b0051598_22415101.jpg
2004年6月4日撮影





[PR]

by kobeport | 2018-05-28 19:26 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

楠公武者行列 その1

5年ごとの湊川神社の神事、楠公武者行列が行われました。
湊川神社では御神体が神輿に移され御幸となりますが、専用の御車に
お移しするだけでも大変な作業です。
b0051598_22170472.jpg
1トンもあるという神輿をサッカー部の高校生が神社側の指示のもと、
お移しするのですが、なかなか下の台に固定するのに手こずりました。
b0051598_22170783.jpg
無事、御幸の準備ができたところで武者行列が始まりました。
b0051598_22171116.jpg
b0051598_22171543.jpg
今年は元阪神タイガースの下柳選手が馬上の人となるということでしたが
うまく写真に撮れませんでした。(-_-;)
b0051598_22172287.jpg
かろうじてすこしだけ。
慣れない格好に照れておられる感じで周囲の笑いを誘いました。
b0051598_22172646.jpg
これは、女性のように見えますが、ターザン山下さんです。(*^^*)
b0051598_22305850.jpg
AKB48の中村さん。




[PR]

by kobeport | 2018-05-26 22:26 | 神戸 | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった!丸善神戸支店 2003年6月30日閉店 

◆1923年~2003年6月30日


洋書の品揃えなら神戸一と言われていた丸善。

b0051598_21224566.jpg
元町一丁目に位置するこのお店はあこがれの文具が山ほどありました。
1F 文具、事務用品、眼鏡、紳士、婦人洋品、雑貨、etc 
2F 本、ギャラリー 3F 洋書とバラエティー豊かな品揃え。
狭いながらもさながらミニ百貨店のような面白いところでした。
b0051598_21223598.jpg

b0051598_21332890.jpg
最終日は思い出の品を買っておこうという神戸っ子であふれていました。

特に2階の本屋さんはゆっくりと本の世界に浸れる静かな空間。
1869年創業の丸善(本社・東京)神戸支店として旧居留地に1923年に進出。
1953年に現在地に移転してから半世紀の歳月。
b0051598_21221442.jpg

店じまいの店内にハヤシライスの缶詰が!
説明書を読むと、なんとハヤシライスは㈱丸善が考案したといいます。

b0051598_21221841.jpg
明治の初期、㈱丸善の創業者である早矢仕有的が考案、そこから名づけられたそうです。

中央区元町1丁目


[PR]

by kobeport | 2018-05-24 21:28 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(2)

あのとき神戸にこんなものがあった! 三宮ブックス ~2003年3月

◆~2003年3月
阪急三宮の高架下にこんな本屋さんがありました。
b0051598_22011308.jpg
大型の本屋さんがど~んと豊富な品揃えで進出してくる中、
この頭上がガタゴトなる小さな本屋さんは今ではもうあまりありません。
この本屋さんがなくなってから多くの人から親しまれていたことがわかりました。

阪急三宮駅から高架下沿い東に歩いたところにありました。

b0051598_22063870.jpg
2003.4.17撮影



[PR]

by kobeport | 2018-05-23 22:26 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

メリケンパークの噴水

メリケンパークの噴水は、昼も夜も楽しいです。
b0051598_21270732.jpg
昼間は噴水の水に親しめるように、吹き上げる噴水の高さも低くして
あります。
b0051598_21271296.jpg
そして、夜になると午後6時から9時まで20分おきにショーが始まります。
あいにくショーの時間には寒くて離れたのですが、ひとまず夜の
光景です。(*^^*)
b0051598_21271514.jpg
LEDに照らされて、合間の時間でも素晴らしいです。
b0051598_21271992.jpg
噴水が少しの間、小さくなるのですがその時でもいろんな風景を
映し出し飽きることがありません。

次はショーの時間にリベンジです。(笑)


[PR]

by kobeport | 2018-05-22 21:32 | 神戸 | Comments(0)

書道パフォーマンス

今年の出初式でも披露されていましたが、最近書道パフォーマンスを
よく見かけるようになりましたね。
昨日の区のまつり、東遊園地での演技です。
b0051598_22344197.jpg
音楽に合わせて掛け声かけて字を書いていくのは楽しそうです。
「セカオワ」の曲に合わせて書きました。
b0051598_22344492.jpg
たくさんの人たちで大きなキャンバスに何が出来上がっていくのかと
見守る楽しみもあります。
b0051598_22344708.jpg
書道パフォーマンスは地面に敷いて書くより、このように立てて
書いていく方ができあがっていく過程がよくわかって楽しいです。
b0051598_22345066.jpg
さんちかに下りていく階段のかりんも今年も実をつけました。


[PR]

by kobeport | 2018-05-20 22:41 | 神戸 | Comments(0)

須磨寺の参道に「祈りの回廊」

須磨寺の参道に見慣れないものができていました。
「祈りの回廊・亜細亜万神殿」
b0051598_21314460.jpg

b0051598_21315348.jpg
平成26年春、京都の古美術商の福丸氏の知人である中山流石氏が
生前アジア各地で集められた石像が須磨寺に奉納されることになり
ここにお祀りすすることになったそうです。

ネパールの寺院で執り行なわれた過去4度の「阪神淡路大震災」の
慰霊と復興を祈るための砂曼荼羅法要です。
b0051598_21315856.jpg
今度は平成27年4月27日にネパールで大地震が発生。
ネパールでは東日本大震災発生時にも国を挙げての慰霊が
行われたそうで、今度は日本在住のネパールの方々の心のよりどころ
になるように首都カトマンズにあるスワヤンプナート寺院を模した
寺院風の回廊を須磨寺が建てられたそうです。
b0051598_21314910.jpg


b0051598_21320384.jpg
ネパールでもこの須磨寺が建てたこの回廊のことが報じられたそうです。



[PR]

by kobeport | 2018-05-18 21:48 | 神戸 | Comments(0)