人気ブログランキング |

神戸トピックス kobeport.exblog.jp

ふじ丸とロイヤルプリンセス


by kobeport
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:神戸にこんなものがある!( 18 )

今休業中の市立博物館ですが、先日たまたま時間がありましたので
今まで気にも留めなかったこの彫像を眺めました。(^^;)☆\バシッ
b0051598_21462273.jpg
ロダンの「カレーの市民」
これは刑場、死へと向かう悲壮な姿なのですね。
b0051598_21462525.jpg
イギリスとフランスの戦いで、フランスの北海岸にあるカレー市を
包囲したイギリス軍の王がカレー市の主要メンバーを差し出したら
市民を救うという約束をしたので、6人のメンバーが縄につながれて
王のもとへ死を決して向かう姿だそうです。
戦いのため、飢餓状態のガリガリに痩せた体で、服も身につけて
いません。

結果的に王妃の嘆願で差し出された人たちの命は救われるのですが
ロダンは彼らが刑場に向かう恐怖の表情を捉え描いたということです。

世界各地の博物館や美術館にあるそうですが、6人全体の姿があるものや
この市立博物館のように一人の姿を描いたものなどいろいろのようです。

この像は1900年に兵庫県生野町に生まれた谷田桂三氏により寄贈されました。


by kobeport | 2019-07-24 22:10 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)
b0051598_09135619.jpg
安藤建築の風の教会。
撮影は2004年3月27日。

六甲オリエンタルホテルはなくなってしまいましたが、この教会は残されています。
ホテルの庭園にありました。
b0051598_09135973.jpg

b0051598_09140158.jpg
b0051598_09140595.jpg

b0051598_09140889.jpg

b0051598_09141211.jpg
時々、六甲山上の芸術祭などの際に見学できるようです。






by kobeport | 2019-07-06 21:13 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

柴田音吉洋服店

起業明治元年、創業明治16年の老舗のお店です。
b0051598_21233722.jpg
元町を歩いていて、あれ~ここのお店の建物、こんなだったかなと思わず写真を撮りました。
以前はもっと地味な感じだった気がします。
b0051598_21234267.jpg
調べてみると、ホームページもリニューアルされ、店舗も大阪、東京と広がり神戸の老舗の
お店が発展しているのは本当にうれしいと思いました。
b0051598_21235214.jpg
初代柴田音吉が英国人かペルに近代洋服の仕立て技術を師事し、初代兵庫県知事の
伊藤博文の洋服を仕立て、また明治天皇の洋服も手掛けたそうです。
英国の大英博物館にもその写真が所蔵されているとは、HPで初めて知りました。
洋服の仕立ては完全予約制で、本当に丁寧につくられているようです。

現在は5代目柴田音吉さんが社長となられています。


by kobeport | 2019-06-19 21:34 | 神戸にこんなものがある! | Comments(2)

旧乾邸 神戸市東灘区

兵庫県神戸市東灘区にある歴史的建造物。乾汽船創業者、4代目新兵衛・乾新治の邸宅として、
関西を代表する建築家・渡辺節が設計した個人住宅である。 ←Wikipedia

b0051598_21493194.jpg
先日、一般公開がありました。
2回目の訪問になります。
2階の部屋に照明が斬新。すごいです。
b0051598_21493976.jpg
外観もめちゃかっこいいですね。
b0051598_21494627.jpg
b0051598_21495123.jpg
b0051598_21501093.jpg
少し高台にあるので、見晴らしも抜群。
山も近いし、海も見える!
b0051598_21500319.jpg
部屋の中にカフェコーナーもあります。
b0051598_21500672.jpg
時候のいい時には、お庭でカフェタイムもできます。




by kobeport | 2019-06-03 21:58 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

神戸市灘区琵琶町

神戸市の灘区に琵琶町という名の町名があります。
b0051598_21193950.jpg
楽器の琵琶、果物のビワ。
b0051598_21195391.jpg
ウキィによりますと。。。

地名の由来[編集]

町名は旧小字名琵琶からで、琵琶に似た形の土地であったという。
『灘区の地名』では、若林泰の「ビワクビという字だったのでは」という話を紹介し
(クビは入り口のこととしている)、また鏡味完二の説を引き「崖をもった谷川」
「人里から遠いところ」「ビワの実の形をした地形」のうち3番目を支持している。
ビワが楽器であるにしても植物であるにしても形は似ている。

b0051598_21194809.jpg

b0051598_21195798.jpg
2004年2月1日撮影。





by kobeport | 2019-05-13 21:16 | 神戸にこんなものがある! | Comments(2)
商船三井ビルのエレベーターは1基だけが昔のままで今は
荷物を運搬するためにだけ使われているそうです。
b0051598_21442442.jpg
ラッキーなことにこれに乗せていただきました。
手動でケージの蛇腹ドアを開け閉めします。
動くたびにすごい振動で思わず声が出てしまいました。
b0051598_21443034.jpg
こんなエレベーターが残されているなんて本当にすごいです。
b0051598_21443372.jpg
元町6丁目の松尾ビルにも同じようなレトロエレベーターが活躍していますね。

商船三井ビルのレトロエレベーターの天井はこんな感じ。
b0051598_21443776.jpg
がんばって動いていてほしいです!






by kobeport | 2018-02-02 21:49 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)
2012年にビルの裏側に耐震工事を施された商船三井ビル。
表玄関はレトロなままです。
b0051598_20003393.jpg
入ってすぐ左側にシューティングポスト。
上階から郵便物が落ちてきます。
今も現役。
そして貨物専用の昔ながらのエレベーターが1基あります。
正面のエレベーターは新しいものです。
b0051598_20004288.jpg
正面玄関を中から見たところ。
b0051598_20004322.jpg
この天井のシャンデリアは、影が本当に美しいです。
こんな影ができることを想定して作られているのでしょうね。
すごいですね~
b0051598_20004221.jpg
玄関から続くトイレまで同じフロアが敷かれていました。
昔からのフロアだとお聞きしました。



by kobeport | 2018-01-31 20:08 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)
神戸には山麓にある学校が多いですが、神戸大学も山の斜面に
建っています。
そしてユニークなのが「うりボーロード」。
b0051598_21331377.jpg
b0051598_21331652.jpg

工学部の近くにあるのですが、だれかここを通るうり坊を見たことが
あるのでしょうか。
トコトコと歩く姿を想像するだけで笑ってしまいます。
大きないのししは怖いですが、うり坊なら。。。
b0051598_21331974.jpg
大学側も工学研究科前の道路は車両の通行が多いので
安全のためうりボー道路を使うことを勧めています。(#^^#)





by kobeport | 2017-10-19 21:39 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)
何気に通る三宮センター街の頭上にこんなものがあります。
三Fストリート。

説明には
「フラワーロード、トアロード、山本通り、京町筋…
同じ神戸にありながら、道はそれぞれ異なる表情を餅もち、独自の
風景をつくりだしています。
このたび、三宮センター街に新たな「道」が誕生しました。

三Fストリート。(サンエフストリート)

三Fは三宮センター街の3階という場所をあらわしています。
”Forest For the Future 未来が生まれる森”

人々がつどい・くつろぎ・にぎわう場所になるように。

未来につながる出来事が、ここから生まれるように。
b0051598_21031932.jpg

b0051598_21061895.jpg
歩き疲れた時などのお休みどころに利用できます。
ちょっとおやつをつまむのにもいいですね。(^^)/




by kobeport | 2017-06-20 21:58 | 神戸にこんなものがある! | Comments(4)
生田神社の赤い鳥居。
b0051598_18480397.jpg
その南側、白?ベージュ?の鳥居があります。
b0051598_18481036.jpg
これは伊勢神宮内宮の旧御正宮の柱だそうです。
伊勢の神宮より下賜された鳥居だと思えば、有難さも倍になりそうです!

これは伊勢神宮から生田神社に下賜された柱としては2代目で1代目は
1995年震災で大きな痛手を被った時にいただきました。
しかし、老朽化のため20年後に引退。
というのも、伊勢神宮から生田神社にいただくまで宇治橋の鳥居として
使われ、その後亀山市東追分関宿の鳥居として建立という歴史があった
からでした。

1代目の引退のあと、生田神社にいただいた2代目は2015年9月に
お披露目に至りました。




by kobeport | 2017-03-15 18:45 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)