人気ブログランキング |

ブログトップ

神戸トピックス

小野八幡神社

新しく建て替えられた小野八幡神社です。
b0051598_21333228.jpg
今、工事中はその前に建つ高層マンションの建設です。
この八幡神社があるそごうから南の地域は、戦後イーストキャンプが広がっていました。
そのころのイーストキャンプの広がりを見ると、この小野八幡神社だけは接収をせずに
ぽっかりとこの敷地が外されていました。
村上かほりさんの闇市や戦後の神戸についての勉強会で、やはり日本人の信仰の対象である
神社やお寺は、当時のGHQも配慮したものであろうということでした。

当時神戸を占領していたGHQについいてはほとんど資料が残っていないのだそうです。
新聞や本も検閲が入るので、GHQについて書かれたものが非常に少なく当時の方々に
お話を伺って記録に残すということが大事だと思います。

接収のために消滅してしまった小野中道商店街のことなども神戸の歴史の中で
もっと詳細に記録にしておかなくてはいけません。
当時の焼け跡の街並みを写真に撮ることも禁止されていたようで残っている写真は
限られています。
当時の写真が少ない理由は、当時の一般家庭の写真機が空襲のためにやけてしまったこと、
高価だったこと、GHQに禁止されていたので許可された人だけが撮影できたことなどの
ようです。





Commented by MSHIBATA at 2019-01-23 10:17 x
小林酒店の三代目・小林正信氏の著書「あれこれと三宮」(三宮ブックス・昭和61年5ガツ発行)の47~48ページに三宮の手書きの地図があります。
まだ「そごう」もない昭和5年頃の地図だそうですが、中道筋商店街や小野八幡神社も確認できます。
写真がないのが残念ですが。
Commented by kobeport at 2019-01-23 20:34
MSHIBATAさん、「あれこれと三宮」のご紹介をありがとう
ございます。
昭和5年頃の手書きの地図ですか。
非常に興味があります。
写真で見てみたいですね。
by kobeport | 2019-01-22 21:58 | 神戸 | Comments(2)