花時計のところのこぶしの木

花時計の東側にこぶしの木にハクモクレンが接ぎ木されている
珍しい木があります。
今、ハクモクレンが満開です。
b0051598_20440640.jpg
左側がハクモクレン。
右側がこぶしの花で、咲いているのもありますがちょっとハクモクレンより
開花が遅いです。
b0051598_20442536.jpg
こぶしの花の方がパァ~ッと四方に開く感じです。
b0051598_20442146.jpg
ハクモクレンは上に向かってチューリップのように咲きます。
この時期だけ、ハクモクレンとこぶしが咲いて存在感を示す木ですね。



[PR]

by kobeport | 2018-03-21 20:49 | 神戸 | Comments(2)

Commented by okadatoshi at 2018-03-22 08:07
モクレンとコブシとタムシバの区別がとっさにわかりません。
ヤマボウシとハナミズキもややこしい。

咲く時期になると毎年おさらいをし直す後期高齢者です。
健忘力は年々冴えていますわ。(^^;)
Commented by kobeport at 2018-03-22 21:17
としさん、おっしゃるとおりです。((+_+))
コブシとタムシバは難しいです。
花の根本の葉っぱで見分けることができるそうですが。
なかなか見分けられません。(泣)