神戸にこんなものがあった!1949年の神戸 進駐軍の地図発見 2015年神戸新聞

b0051598_21222850.jpg

2015.10.28の神戸新聞の記事です。
進駐軍のことを調べていて見つけました。
1949年の神戸。
当時の進駐軍が使っていた地図ですが、興味深いです。
ほとんど占領という様子だったのですね。

その中で、当時の国鉄兵庫駅から神戸駅へ至る鉄道の道を"PENNSYLVANIA AVE."、
兵庫運河の新川運河から神戸駅に至る道を”ROGERS ST."と表記されています。

進駐軍の間では、そんなふうに呼ばれていたのですね。


[PR]
Commented by 通りすがり at 2018-01-30 15:25 x
昔、住んでいたので、この地図は興味深いですね。
私はロジャース通りに住んでいたのか(笑
繁華街でもないのに、何故か銀行が四行もありました。

聚楽館が大きな字で載っていますね、さすが娯楽の殿堂。
カーヴァー駐留地の周辺・・・この辺りは
ジャズで有名な小曽根さんが大地主。
Commented by kobeport at 2018-01-30 19:51
通りすがりさん、このあたりにお詳しいですか。
めちゃこの地図は面白いですね。
この間KIITOであった進駐軍のお話などでは、
神戸ではぽっかりとこの期間の写真、資料がぬけていて
研究者は聞き取り調査や資料を急いでいるそうです。
小曽根財閥はこのあたりでしたか。
by kobeport | 2018-01-29 21:20 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(2)

ふじ丸とロイヤルプリンセス


by kobeport