神戸書いてどうなるのか その3

◎「アウトレイジ」2010年
  ビートたけし扮する大友組組長の事務所の高砂ビル。
  ここには撮影で使われた机、いすなどが説明書きと一緒に
  残されています。
  ときどき、散歩ついでにふら~と立ち寄ったりします。(*^^*)

  しかし、最近の映画では神戸が舞台というのではなくロケ地と
  しての神戸です。

◎「紙の月」2014年
  駅のホームが市営地下鉄長田駅。

◎「新宿インシデント」2009年
  ジャッキー・チェンと竹中直人と絡むシーンは
  湊川隧道。

◎「ブラックレイン」1989年
  脇浜の神戸製鋼所
  旧神戸中央卸市場が「新大久保駅」として出ている。
  
  これはすさまじいシーンでした。忘れられません。

◎「クローズZERO」2009年
  長田の六間道商店街を鈴蘭男子高校の生徒たちが練り歩く。
  
  そうそう、丸五市場の八百屋の娘は黒木メイサ。

◎「大失恋」
  ある遊園地を舞台のオムニバス形式の物語。
  六甲アイランドの今はなきAOIA。
  なんとスマップの森さんが出ているとは。
  
  この「大失恋」の情報はサラリーマン42さんにいただきました。

◎「花の降る午後」
  これは神戸が舞台の映画でしたね。
  本も読んでいないので読みたいと思います。

  この「花の降る午後」の情報も「通りすがりさん」にいただきました。


  
  
[PR]

by kobeport | 2017-01-07 22:09 | 神戸 | Comments(4)

Commented at 2017-01-09 01:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kobeport at 2017-01-09 21:37
通りすがりさん、情報をありがとうございます。
そうですよね、これは外せません。
正真正銘、神戸が舞台の映画です。
これも忘備録にいれておきます。<m(__)m>
Commented by MSHIBATA at 2017-01-16 07:04 x
クローズZEROのロケに使われた六間道の喫茶花梨が昨年8月末で閉店しました。URLを辿ってください。
小栗旬さんらがサインした椅子はどうなったのでしょう。
気になります。

Commented by kobeport at 2017-01-16 20:18
MSHIBATAさん、残念なことですね。
新聞にも載っていましたね。
椅子は永久保存してほしいです。(-_-;)