揺れる心(笑)

決して、まちがってもとらないだろうと思われるのにY新聞があります。
Gが負けてもスポーツ欄は一面にGの話題ばかり。

ところが一枚のちらしが入りました。
うっ!阪神タイガース2005年優勝記念グッズ 優勝記念ブルゾンとタオルをもれなくプレゼント。
数に限りがあるですって?
新規に6ヶ月以上購読?

あの、Y新聞がです。
欲しいです、あ~欲しい~

黒地に襟切り替え部分は黄色。
すごい誘惑~

しかし、なりふりかまわぬ誘惑ですね!
[PR]
# by kobeport | 2005-11-05 10:10 | トピックス | Comments(0)

ネパール料理

セファリ。
一見インド料理のようです。
ネパールもインドも同じような料理なのでしょうか。
ナン、カレー、チャイ。
b0051598_23202118.jpg



b0051598_2323558.jpg



b0051598_2323456.jpg


インドもネパールもお皿が銀製のようなものでできています。
あれ?これって錫っていうのでしょうか。(^^;
ちょっと重いです。
神戸は世界の料理が食べられます。
これもなかなか楽しいです。
[PR]
# by kobeport | 2005-10-26 23:27 | グルメ | Comments(2)

ベロタクシー

こんなのいいですね。
観光に疲れたお年寄りやちびっこたちにも便利。
ちょこまかと狭いところにも入り込めますし環境にもやさしくドライバーさんのいろんな生情報も聞けそうです。
b0051598_836238.jpg



b0051598_8362995.jpg

現在神戸に6台ということですが、もっと増やしてほしいです。
そして馬力のあるドライバーさんが就任してハーバーから北野方面にも。(笑)
[PR]
# by kobeport | 2005-10-26 08:38 | ニュース | Comments(4)

ダイエーの原点

それは本当に小さな空間でした。
この敷地にサカエ薬局がありました。
神戸市兵庫区東川崎町。

建物は流通科学大に移築されています。
b0051598_23283342.jpg



b0051598_23293525.jpg


神戸で中内さんのことを悪く言う人はそういないと思います。
いつも心に故郷神戸のことがあったそうです。

経営が行き詰まった時、そのことについてはあまり語らなかった氏が神戸の話題になると
堰を切ったようにしゃべりだしたというエピソードも。
いつも神戸の復興のことが頭にあったようです。
[PR]
# by kobeport | 2005-10-24 23:32 | 神戸 | Comments(0)

ピロリ菌

b0051598_23502847.jpg
DDW-JAPAN 2005 市民公開フォーラムが国際会議場でありました。
震災時の災害医療は震災時どのようなものであったかという検証と、そのあり方のシンポジウムでしたが、全部は聞くことはできず前半だけを聞きました。
その中で興味深かったのはピロリ菌の存在です。
災害時のストレスで潰瘍で吐血した人が多数病院を訪れたそうですが、その人たちがどのような人たちであったかを調べると、ピロリ菌の存在が大きく影響したそうです。
もともとピロリ菌を持っている人がストレスにあうと潰瘍を発症させるリスクが高い、これは年齢層にかかわらずそのようなことが起きるそうです。
自衛隊のレインジャー訓練で吐血などの症状が起きる人はやはりピロリ菌保持者でストレスが引き金になるということです。
だから普段ピロリ菌を持っているかどうかを調べてその働きをおさえることが必要だそうです。
夏目漱石の検体も(ひぇ~保存されているのですね。)なんと、ピロリ菌が発見されたとか。
[PR]
# by kobeport | 2005-10-09 00:03 | 阪神淡路大震災 | Comments(0)

神戸人気質

神戸では高名な方がフェアをやってもなかなか売れない。
これが東京ならアノ○○のナニナニと言えば、飛ぶように売れるのに。
ひとまず並んでいるものを眺め、品定めをします。
これは有名な○○と聞くと、へぇ~と驚くのですがそこから、じゃ買ってみようということにはなりません。

東京では評判を聞きつけるとまず試してみようという心理が働くようです。
神戸ではなんと言うかまず一呼吸おいて考えます。
で、自分の価値観に合うかを考えます。
そうそう飛びつかない人が多いようです。

そういえば東京ではどっちみても多かったガングロも神戸では見なかったです。
大阪は面白がって、ちょいとやってみようというミーハーも多いようですが、神戸人は面白がりはするけれどちょっとひねくれて?(笑)反抗してみせる。

そんな変なところがある気がします。
ん?私だけ?(^^ゞ
[PR]
# by kobeport | 2005-10-05 00:01 | 神戸 | Comments(2)

三宮の繁栄

JR(当時省線)の高架化工事は昭和6年に完了。
その時に、三宮駅は今の元町駅から現在の地に移されたそうです。
東灘駅(その当時のこの駅は今のどのあたりになるのかわかりませんが)と鷹取駅を出発した列車が元町3丁目付近ですれ違い、無事に高架された軌道を走り、それぞれ鷹取駅、東灘駅に到着。
人々はその時にはじめて列車を見上げる経験をしました。

ということは、蒼茫の石川達三が描いた三宮駅は今の元町駅のことですから、ブラジルへ移住のために神戸に来られた移民の方々は地上の駅に到着したということですね。

三宮の繁栄は昭和6年に高架化され元町駅から移って来て、阪神電車が昭和8年に地下でつながり、阪急電車が昭和11年に高架でつながった時から始まりました。

「街の栄えは東に移る」と当時の小唄にも歌われたといいますから、めざましい勢いで街が開かれていったのでしょう。
[PR]
# by kobeport | 2005-10-04 00:40 | 神戸 | Comments(2)

軍艦防波堤

北九州市若松区に軍艦防波堤というのがあるそうです。
1948年9月、旧海軍の駆逐艦「柳」に土砂をいっぱい積んで海に沈めて防波堤にしたそうです。
「柳」のみならずこの近辺には「冬月」「涼月」が同じように沈められています。

船は皆に祝福されて進水式を終えてから本当にいろんな運命をたどります。
「冬月」「涼月」は戦艦大和と共に沖縄特攻作戦に参加して、大破しながらも運強く生還しました。
「柳」の建造は古く第一次世界大戦には地中海でドイツのUボートと死闘を演じたということです。
第二次世界大戦にも生き残り生還しました。
多くの軍艦は鉄くずとなりあるいは戦勝国に没収されましたが、それに値しないこれらの軍艦はこうして海に沈められたそうです。
このあたりは海の難所だったところですが、この軍艦防波堤ができてからはぐっと海難事故が減ったとか。

沈められてもお役にたっているこれらの船が健気です。
「柳」が沈められたところは水深が浅いところなのでその船の形が盛り上がって見えています。
数奇な運命をたどる船は多いですが、日本の海には多くのこのような船が沈んでいるのかと初めて知りました。
[PR]
# by kobeport | 2005-09-22 08:31 | ニュース | Comments(2)

追悼、ダイエー中内さん

中内さんが亡くなりました。
神戸のものにとって中内さんは身近な人でした。
次々と店舗を広げ、どこに行ってもダイエーはある、ダイエーに行けば安く手に入る、そんな安心感がありました。

東京に行くと、ダイエーは少なくなります。
とたんに不安になったものです。
皆さん、どんなところで買われているのかとダイエーに馴染んだ身には不思議でした。

東京では碑文谷と下北沢のダイエーに行きました。
特に碑文谷は規模は大きく、度肝を抜かれたものでした。
ニュースでもやっていましたが、やはり中内さんもこの碑文谷のダイエーは自慢らしく外国のお客さんを案内してよく行かれたそうです。

そして忘れてはならないのが震災後のすばやい力強い対応でした。
自らも多くの店舗が被災したにもかかわらず神戸に多くの物資をすばやく届けてくれました。
不安にならないように店をいつもあけた状態にしてくれていました。
ポートアイランドは船で多くの物資が陸揚げされ、市内の中では品揃えが豊富だった気がしました。

次々と夢を広げた方でした。
広大なテーマパークができるとか、いろんな夢を中内さんと見た気がします。

ポートアイランド内のポートアイランドビルにダイエーの本社が置かれていました。
ビルのエレベーターの表示にそれを見るたび、神戸に対する氏の想いを感じていました。
[PR]
# by kobeport | 2005-09-20 23:53 | Comments(6)

幻の進水式

川崎造船神戸工場には幻の進水式写真があるそうです。
進水式に出席すると、その船の記念絵葉書をもらえます。
運搬船「イクロ号」は明日が進水式という日に阪神大震災が起きました。
「イクロ号」は激震で滑走台からすべり落ちて動かなくなったそうです。
当然、進水式は中止。
造船マンたちが必死の作業でやっと2週間後に海に浮かばせたそうです。

日の目を見ないまま、神戸工場にその絵葉書が収められました。
波乱の誕生だった「イクロ号」
華々しい進水式がなかった「イクロ号」
元気に毎日を送っていることを信じます。
たくましく!
[PR]
# by kobeport | 2005-09-18 23:43 | 神戸 | Comments(0)