神戸トピックス kobeport.exblog.jp

ふじ丸とロイヤルプリンセス


by kobeport
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

宮本輝は灘の石屋川のほとりで昭和22年3月に生まれました。
神戸にいたのは3歳の春までです。
それからは父親の故郷である愛媛に移りました。


宮本輝の作品の中で神戸に関連するのは、「青が散る」「花の降る午後」などがありますが、まだ読んでいません。読まなくては!
[PR]
by kobeport | 2017-06-30 22:28 | 神戸ゆかりの有名人 | Comments(0)

大阪難波八阪神社

大阪に所用があったのでついでに寄りました。
難波八阪神社。
以前TVで観た面白い神社。
場所は地味なところにあります。
b0051598_21455282.jpg
鳥居をくぐるとびっくり。
b0051598_21453802.jpg

なんでも舞台だそうです。獅子舞台。
それにしても外国の観光客が訪れだして話題になってきたとか。
訪れたときも外国の方が写真を撮っていました。
よくこんなのを考えましたね。(*^^*)
b0051598_21454396.jpg
獅子舞台は後ろに入り口がありました。
手水もセンサーで自動になっています。

b0051598_21454793.jpg
大阪はカニでもふぐでも大きいですね! !(^^)!




[PR]
by kobeport | 2017-06-29 22:04 | ちょっと大阪 | Comments(0)
◆~2002年12月23日(月)
六甲カンツリーハウスの近くにNTTの天文通信館がありました。

b0051598_21094323.jpg

自動追尾装置付き50CM反射望遠鏡というのを備え、その場で
その時点で見られる星を望遠鏡で見られました。
親切な解説員さんが詳しく解説してくださる無料の施設でしたが、
突如閉鎖になりました。
近辺には十国展望台もあったのですが、これも施設の老朽化で
閉鎖になりました。
流星観察の夜には資料つき、解説つき、缶コーヒーつきで
宿泊料¥1,000で宿泊させていただけたアットホームな通信館でした。
閉館は惜しかったです。

入口を入ったところに次のようなメッセージが掲げられていました。


六甲天文通信館 誕生
電話事業満100年を祝い 国際都市みなと神戸を望む
六甲山上に
最新鋭天体望遠鏡を据える

ここNTT六甲無線施設は 電波の交差点
数多(あまた)のアンテナをとおして
メディア信号群が行き交う

「六甲天文通信館」
1000万ドルの夜景の上 遥かにきらめく星座を追い
ドームのスリットを開ける

50センチのレンズの力は 数億光年の彼方の天体にも 夢を馳せ
私たちの目に宇宙の神秘を
無辺虚空の一隅の地球で今
  新しい時代が 世界の人々に呼びかける
 永遠(とこしえ)の平和と万民の幸福を

人間にとって 地球はかけがえのない天体
数億年を経た生命(いのち)の歩みを
護りはぐくむ責任を負って 母なる宇宙に誓おう
星たちとのメッセージ交歓

「六甲天文通信館」
 

所在地:神戸市灘区六甲山町(六甲山頂)


[PR]
by kobeport | 2017-06-26 21:15 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)
ポーアイのイケア前に東京家具がオープンしました。
10時開店を待って、駐車場はもう20分には満車になっていました。
イケアと競合するのではないかと思われますが、イケアと東京家具は各地で
同じように並んで営業しているそうですので売り上げ効果は実証済みなんですね。
b0051598_21385714.jpg
お客さんはなるほど両方に行かれているようです。
東京インテリアの方は中央に広いカフェを作って、イベントなどに
使うように見えます。
無人演奏をするピアノを置いてなかなか素敵な空間になっています。
b0051598_21391384.jpg
b0051598_21390428.jpg
日替わりのお得商品はあっという間に売り切れていました。



[PR]
by kobeport | 2017-06-25 21:48 | 神戸 | Comments(0)

デイゴの花

ポートアイランドの南公園ではデイゴの花が満開です。
すでに花が落ちているのもありますが、つぼみもまだまだある木も。
いつのまにか噴水の周りはデイゴだらけになりました。
南公園に野球場が作られたりして、この噴水のまわりに寄せられたものと
思われます。
もともとたくさんあったデイゴの花ですが、今では30本くらいになりました。
b0051598_21383878.jpg

b0051598_21384399.jpg
以前はブーゲンビリアとかデイゴ、ハイビスカスなどは南国の花かと
思っていましたが、今では普通に見られるようになりました。
やっぱり熱帯化しているのでしょうか。( ;∀;)

[PR]
by kobeport | 2017-06-23 21:44 | 神戸 | Comments(0)

夕焼けがきれいですね!

夕焼けがきれいな季節になりました。
刻々と変わる色合いに見とれることも多いです。
b0051598_22322733.jpg
b0051598_22230968.jpg
b0051598_22233511.jpg
b0051598_22284621.jpg


[PR]
by kobeport | 2017-06-21 22:36 | 神戸 | Comments(0)
何気に通る三宮センター街の頭上にこんなものがあります。
三Fストリート。

説明には
「フラワーロード、トアロード、山本通り、京町筋…
同じ神戸にありながら、道はそれぞれ異なる表情を餅もち、独自の
風景をつくりだしています。
このたび、三宮センター街に新たな「道」が誕生しました。

三Fストリート。(サンエフストリート)

三Fは三宮センター街の3階という場所をあらわしています。
”Forest For the Future 未来が生まれる森”

人々がつどい・くつろぎ・にぎわう場所になるように。

未来につながる出来事が、ここから生まれるように。
b0051598_21031932.jpg

b0051598_21061895.jpg
歩き疲れた時などのお休みどころに利用できます。
ちょっとおやつをつまむのにもいいですね。(^^)/




[PR]
by kobeport | 2017-06-20 21:58 | 神戸にこんなものがある! | Comments(4)

神戸が舞台のCM

大和ハウスの「ここで一緒に」
フンランキー・リリーさんは新聞記者です。
ロケ地は神戸新聞社、兵庫県庁、兵庫県公館、ダッシュしているリリーさんのシーンはKIITOの長い廊下。
深津さんが調べものをしているところは神戸大学六甲台キャンパスの図書館。
電車シーンは阪神電車。
駅の階段は阪神住吉駅、リリーさんが階段を降りてくるところは阪神石屋川駅。
山から海を眺めているところは市章山の展望台。
ロープウェイは摩耶ロープウェイ。

二人が住んでいるところは、垂水区塩屋に仮設の家を建て、ラストシーンの坂道は
東灘区御影山手。

馴染みの場所が出てくるのは本当に楽しいですね。


[PR]
by kobeport | 2017-06-18 20:53 | 神戸 | Comments(2)

三宮シアター エートー


場所は割と地味なところにあります。
けっこう迷われる方もあるのでは?
通りかかった時は開幕を待つ人たちがいました。
一度入ってみたいですね~
b0051598_21533384.jpg
こんな通りです。
可動式の客席、楽屋やスタジオ、多目的室などが整備された4階建ての
劇場だそうで、いろんな使われ方ができるようです。
神戸出身の支配人が大阪芸術大学で学んでいた頃、舞台芸術学科の
付帯設備だったプレハブの建物「A棟」にちなんで「エートー」。
なるほど~(*^^*)

b0051598_21535112.jpg

[PR]
by kobeport | 2017-06-16 22:08 | 神戸 | Comments(0)

神戸新開地演芸場

かつては大にぎわいだった新開地に、演芸場が建設されます。
5月31日まで施設名を応募していましたので、どういう名前になったのでしょう。
楽しみです。
建設予定地はとても小さなスペースでちょっと意外な気がしました。
しかし、奥行きがあるので入場するとけっこう広いのかもしれませんね。
b0051598_21460092.jpg
b0051598_21473014.jpg
b0051598_21471973.jpg
古い写真を見ると新開地の通りにはたくさんの劇場がありました。
隣には歌舞伎という茶房があるようなので、この場所も昔はそんな
場所だったのかもしれません。

だいぶん歩きやすくなった新開地ですが、もっともっと個性を発揮して
かつてのにぎわいを取り戻してほしいです。

いつも新開地音楽祭の帰りには通りを埋めつくして帰る人たちを
見て、そう思ったものでした。






[PR]
by kobeport | 2017-06-14 21:56 | 神戸 | Comments(2)