「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ドムドムバーガー

ポーアイのドムドムが2月末で閉店です。
新しい街ができたときからのお店ですから馴染みのお店です。
調べてみると、ポーアイだけではなく各地で閉店が
相次いでいるようです。

ウィキによりますと。。。

ダイエーと米マクドナルドは双方の出資による合弁会社を設立し、
日本での事業展開を計画していた。しかし、合弁会社の資本比率で米マクドナルド側が
50%ずつを主張したのに対し、ダイエー側(特に創業者である
中内功)は主導権を
握れる51%以上を主張したため、この計画はご破算となってしまった。
そこでダイエーは、独自の研究下で
ハンバーガーチェーンを展開することとなった。
こうして生まれたのがドムドムハンバーガーである。

ドムドムハンバーガーの名前の由来は、親会社であったダイエーの企業理念
良い品をどんどん安く」のどんどんを取ったもの。
しかし、「どんどん(DONDON)」は商標登録されていたため、
ドムドムハンバーガー(DOMDOM)となった。
また、マークのゾウは「どむぞうくん」というマスコットキャラクターで、
「象のように親しみやすく」という意味を込めて誕生した。
2011年現在のロゴマークは3代目である。

1980年に、親会社のダイエーはアメリカの大手ハンバーガーチェーンである
ウェンディーズと手を結ぶこととなった。
しかし、ウェンディーズ側は「20年以内に100店舗以上、ウェンディーズを出店」
することをダイエー側に要求したため、ダイエー側はダイエー内に入居している
ドムドムハンバーガーをウェンディーズに転換することで対応した。
そのため、ドムドムハンバーガーは店舗数を減らすこととなる。

更にダイエーに残り日本全国で展開していた店舗も、ダイエーの経営不振による
多数の閉店によりドムドムハンバーガーも一緒に撤退するケースが続出。
そのため、2017年現在の店舗は62店。

b0051598_21283682.jpg
ドムドムは日本初のハンバガーショップだったそうです。
ここでもダイエーの衰退、時代の流れを感じます。
b0051598_21284118.jpg



[PR]
by kobeport | 2017-02-27 21:30 | ニュース | Comments(0)

三宮ダイエー オーパ2 オープン

b0051598_21420108.jpg


本日オーパ2がオープンしました。
驚いたのはレストラン階が2階分吹き抜けになったことです。
以下の写真はレストラン階ばかりです。(笑)


b0051598_21420837.jpg

ぐっとあか抜けて見えますね~


b0051598_21421337.jpg




b0051598_21423600.jpg
b0051598_21423129.jpg
b0051598_21422683.jpg
b0051598_21422361.jpg
b0051598_21421941.jpg
隅の休憩場所もおしゃれに見えました~(*^^*)

b0051598_21423855.jpg
まだ他の階は順次オープンするところもあるので閉鎖の階もありますが
今日見たところでは以前より高級感が感じられました。
見て回るだけでも楽しみです。


[PR]
by kobeport | 2017-02-24 21:54 | 神戸 | Comments(2)

あじさい通りが駐輪禁止

年中自転車でいっぱいのあじさい通りがとうとう
駐輪禁止になりました。
とてもすっきりです。

b0051598_21230241.jpg
しかし、駐輪場をもう少し増やしてほしいと思います。
あのたくさんの自転車はどこへ行ったのでしょう。
b0051598_21212342.jpg
花壇と花壇の間にも工事中のコーンを置いたりしているのに
まだ割り込んで駐輪していた猛者もいました。(-_-;)


[PR]
by kobeport | 2017-02-23 21:26 | 神戸 | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! エコカーパスカル研究所 ポーアイ2002年

◆1998年~2002年4月12日
阪神大震災で打撃を受けた観光業のために神戸市が発案。
人材派遣会社のパソナとトヨタ自動車、オリックスが出資。
世界で初めてのエコカー(低公害車)専門のレンタル会社として設立された「神戸エコカー」
と地元のベンチャー企業である静止WHEELキャップを発明した「パスカル研究所」が合併。

「パスカル研究所」の社名は気圧計の発明者である
ロバート・フックに敬意を払い彼のように世の中に貢献できる発明を
行いたいと願って付けられたそうです。
b0051598_22491048.jpg

















写真は画期的な静止ホイール「E-CAPS」(国内外で特許取得済)
b0051598_22491362.jpg

所在地:神戸市中央区港島中町
b0051598_22490703.jpg

撮影日 2002年4月13日
当時はユニークな会社ができたなぁと思っていましたが。。。



[PR]
by kobeport | 2017-02-22 23:01 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! ポーアイ中央緑地の花畑

ポートアイランド第2期の埋め立て地に人工の池ができました。
ここには住民の方が集まり、お世話をする花畑があり、
年中いろんな花が植えられる素敵な散歩道でした。

b0051598_22122625.jpg
このカモやアオサギが集まる中央緑地はけっこうな広さでしたが
後に東側が子供病院となります。
b0051598_22123167.jpg
可愛い羊たちもいましたね~(*^^*)
b0051598_22123391.jpg
今はこの地は子供病院として難病と闘う子供たちが入院、通院しています。
b0051598_22123727.jpg
1人でも多くの子供たちが病気に打ち勝ち笑顔でポートアイランドを
思い出してくれますように。

2002年4月13日撮影



[PR]
by kobeport | 2017-02-22 22:20 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 京町オリエンタルパーク。

京町のオリエンタルホテルが震災で全壊してから再建されるまで
ずっとこの場所は駐車場になっていました。

b0051598_21450909.jpg

オリエンタルホテルのあった場所。
駐車場の名前を見ては泣きそうになりました。

b0051598_21450392.jpg
このオリエンタルホテルも再建されました。
ルミナリエで歩くとき、立派な再建されたオリエンタルホテルを見ると
本当にうれしいです。


[PR]
by kobeport | 2017-02-21 21:49 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

TOOTH TOOTH X そら植物園 メリケンパーク

先日オープンしたばかりのTOOTH TOOTH X そら植物園です。
FISH IN THE FOREST

b0051598_21502863.jpg

大きなツボと白い壁がなんだかギリシャを思わせます♪
中は世界中から集めたという植物がいっぱい。
国際会館の屋上も同じような感じですが、同じ方のプロデュースだそうです。

b0051598_21503119.jpg


BGMも心地よく、落ち着けます。
そして自由に飲める香りのドリンクが置いてあります。

b0051598_21503368.jpg


中はズッキーニやトマト、ライムで炭酸水です。
すっきりとして後味が最高。

b0051598_21503899.jpg


外はまだ工事中ですが、完成すると港の風景も眺められ、楽しいですね。

b0051598_21504520.jpg


ピッツァもフレッシュトマトが甘くておいしいですね~♪

b0051598_21505023.jpg
キッチンの方にはお魚も描かれているし、上の壁から何かが
飛び込んでくるようですよ。(*^^*)
b0051598_21504715.jpg




[PR]
by kobeport | 2017-02-20 22:04 | 神戸 | Comments(2)

神戸開港150年プロジェクションマッピング



[PR]
by kobeport | 2017-02-19 10:31 | 神戸開港150年 | Comments(0)

三宮からダイエーが消える日


ダイエー神戸三宮店が2月24日にリニューアルして「三宮オーパ2」として
オープンします。
新しいイオンのお店としてどんな内装になるのか楽しみではありますが
それは、三宮からダイエーの名が消えることを意味します。



一時はダイエー村とまで言われた三宮地区のダイエーはこれでひとつも
なくなり、過去のものとなります。

寂しいです。
どこに行ってもダイエーがあった頃が懐かしいです。

どこへ行っても、旅行しても、ダイエーのマークがあると
安心しました。
東京でも碑文谷店の巨大さに圧倒されました。
長崎でもダイエーで買い物をしました。

一つの時代が終わる気がします。

[PR]
by kobeport | 2017-02-18 22:11 | トピックス | Comments(0)

神戸にこんなものがある! 老祥記の穴の開いた引き戸

南京町の老祥記はいつでも長蛇の行列ですね。
神戸にはいろんなタイプの豚まんがありますが、老祥記の
豚まんは、小さいサイズです。
いくらでも食べられるくらいです。(笑)
現在は4代目の店主ですが、その歴史の中でガラガラと戸をあける
たくさんのお客さんの手で引き戸に穴が空きました。
すごいですね。
店内に飾られています。
いかにお店が繁盛したかを物語っています。

b0051598_21231131.jpg
最近は向かいにもお店ができ、ますます神戸老祥記は元気ですね! (*^^*)
b0051598_21231621.jpg



[PR]
by kobeport | 2017-02-17 21:29 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)