ブログトップ

神戸トピックス

生田神社の赤い鳥居。
b0051598_18480397.jpg
その南側、白?ベージュ?の鳥居があります。
b0051598_18481036.jpg
これは伊勢神宮内宮の旧御正宮の柱だそうです。
伊勢の神宮より下賜された鳥居だと思えば、有難さも倍になりそうです!

これは伊勢神宮から生田神社に下賜された柱としては2代目で1代目は
1995年震災で大きな痛手を被った時にいただきました。
しかし、老朽化のため20年後に引退。
というのも、伊勢神宮から生田神社にいただくまで宇治橋の鳥居として
使われ、その後亀山市東追分関宿の鳥居として建立という歴史があった
からでした。

1代目の引退のあと、生田神社にいただいた2代目は2015年9月に
お披露目に至りました。




[PR]
by kobeport | 2017-03-15 18:45 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

JR元町駅に隣接して東側に変わった建物があります。
b0051598_21530602.jpg
初めて見た人でこれが交番だと答えられた人はいないでしょうね。
ブラジルの教会を模して作られたそうです。
この交番がある道は、ブラジルへ移住される人が移住センターから下ってきて
メリケン波止場から船に乗られたので移民の道とも言われています。
昔は鯉川という川が流れていて今は暗渠となって地下を流れています。
ブラジルと縁の深い神戸ならこその建物ですね。
b0051598_21530975.jpg


[PR]
by kobeport | 2017-03-10 21:00 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

三宮センター街に昭和28年竣工の旧アーケードの支柱跡が残されて
います。
b0051598_23124078.jpg
旧センター街は今よりもっと狭かったのです。
b0051598_23120541.jpg
このようにアーケード跡も残しておいてくれて貴重な記録になりますね。
以前の記憶を記録しておくのは大切なことだと思います。
ちゃんと残してくださったことに感謝です。

[PR]
by kobeport | 2017-03-09 23:20 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

南京町の老祥記はいつでも長蛇の行列ですね。
神戸にはいろんなタイプの豚まんがありますが、老祥記の
豚まんは、小さいサイズです。
いくらでも食べられるくらいです。(笑)
現在は4代目の店主ですが、その歴史の中でガラガラと戸をあける
たくさんのお客さんの手で引き戸に穴が空きました。
すごいですね。
店内に飾られています。
いかにお店が繁盛したかを物語っています。

b0051598_21231131.jpg
最近は向かいにもお店ができ、ますます神戸老祥記は元気ですね! (*^^*)
b0051598_21231621.jpg



[PR]
by kobeport | 2017-02-17 21:29 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

岡本南公園というより桜守公園というほうが通りがいいですね。
水上勉の小説「櫻守」のモデルになった笹部新太郎博士の邸宅があったところが
公園になっています。
90年余りの生涯を桜の研究一筋にささげました。
b0051598_21120285.jpg

b0051598_21120616.jpg

笹部博士が研究された、たくさんの種類の桜が
あることでも有名です。
特に笹部桜は花の中央にフリルがあり濃いピンクでたとえようもない
美しさ、愛らしさです。
b0051598_21302159.jpg
b0051598_21121023.jpg

b0051598_21121402.jpg
桜の季節には桜まつりが開催され、ご近所の方や遠くから来られる方で
笹部博士の邸宅跡は桜の花を愛でる人でいっぱいになります。
1966年、神戸新聞平和賞の文化賞受賞。
1967年より水上勉の「櫻守」が毎日新聞で連載開始。


[PR]
by kobeport | 2017-02-15 21:22 | 神戸にこんなものがある! | Comments(2)

桜の頃になるとここに来たくなりますね。
摩耶ケーブル下の桜のトンネル。
住民の方が植えた桜の木も年々年を取り、老木になり枝を
切られたり、交通のさまたげになったり、勢いがなくなってきていますが
また新しい木が植えられたりもしています。
いつまでもこの桜並木がのこりますように。
b0051598_20415865.jpg


遠くから見るとこの「桜のトンネル」はこんな風に山のなだらかな斜面に
南北に見えます。
b0051598_20425998.jpg

[PR]
by kobeport | 2017-02-07 20:43 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

住吉川の近くに「柿の木地蔵」があります。
春の日、住吉川沿いはのんびり気持ちのいい散歩道です。
そんなところにこのお地蔵さんはいます。
b0051598_20131211.jpg

b0051598_20134617.jpg

b0051598_20141262.jpg

2002.3.17撮影

嘉永6年(1854年)
切り出した御影石や、水車小屋からの米を運んだ牛車が行き来した
混雑した道だったようです。
そんな道に交通安全を祈って立てられました。

大正時代に牛車の御者が、このお地蔵様に牛を結びつけて休んでいたところ、
その牛が暴れてお地蔵さんは倒れて、首のところで折れてしまいました。

現在のお地蔵さんは大正10年に地元の方が再建されたものですが
台座はもとのもの。
長くこの地でまつられているお地蔵さんなんですね!
[PR]
by kobeport | 2017-02-07 20:17 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

最初見たときはびっくりしました。
街中のいろんなところで見ます。
雲内幼稚園の幼稚園バスは汽車型です。
乗り物好きな園児には大好評でしょうね。
ポーアイにも走ってきます。(*^^*)

どこから走ってくるのか2002年に調査に出かけました。
熊内の高台のすごく見晴らしのいい幼稚園でした。
b0051598_21460649.jpg



[PR]
by kobeport | 2017-01-30 21:51 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)

神戸市役所1号館の西側に貫通石が埋められています。
b0051598_21361583.jpg

b0051598_21363318.jpg


神戸は山が多いためたくさんのトンネルを作ってきましたが
そのトンネルの貫通石をメモリアルにして石垣に
埋めています。

b0051598_21374276.jpg


b0051598_2138368.jpg

b0051598_21384532.jpg


調べてみると、貫通石は縁起物でヤフオクでも出ていました~(*^^*)
[PR]
by kobeport | 2017-01-13 21:39 | 神戸にこんなものがある! | Comments(0)