カテゴリ:神戸にこんなものがあった!( 45 )

トアホテルの鳥居

トアロードの名前の由来のひとつといわれるトアホテルですが、今は
外国倶楽部となっています。
現在は景観が変わっていますが、2002年頃にはまだマンションも建って
いなくてこんな感じでした。
b0051598_19422319.jpg
この突当りがゲートになっています。
ゲートからはトアホテルのシンボルとなっていた鳥居が見えました。
b0051598_19422868.jpg
小さい鳥居です。
元あった大きな鳥居をシンボル化したものでしょうか。
b0051598_19423976.jpg
ジャズストリートでこの外国倶楽部は会場になっているのですが
この前を通るたびに気になっていました。
写真は2002.7.6撮影。


[PR]
by kobeport | 2017-03-17 19:39 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 海を渡って行った空港大橋

2002年5月4日の撮影です。
ハーバーランドのモザイクから。
ちょうど空港大橋(マリンブリッジ)が建設中でした。
カワサキから船で運ばれ空港大橋は作られていきました。
b0051598_19204808.jpg
こんな大きなものまで船で運ぶのですね~
こんなものを間近に見られるのですから、すごいものです。(*^^*)

[PR]
by kobeport | 2017-03-17 19:18 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 2002年FIFAワールドカップ

2002年FIFAワールドカップは神戸ウィングスタジアムが会場の
ひとつになったこともあり、大いに盛り上がりました。
市役所にも垂れ幕が下がりました。
b0051598_18360103.jpg
今、マルイが建っているところにあった復興支援館もサッカー応援の
拠点となり毎日多くの人が集まり声援をあげていました。
b0051598_18360389.jpg
JR三ノ宮駅構内もサッカー一色。
b0051598_18374924.jpg
これは号外が出た2002年6月14日の写真です。
日本が2-0でチュニジアに勝利。
b0051598_18375172.jpg
普段サッカーに縁のない人たち(私です)も熱狂しましたね~(笑)




[PR]
by kobeport | 2017-03-13 20:34 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった!杏花村 

ずっとお店が閉まったままで、どうなっているのかと気になって
いた杏花村ですが、とうとう本当に閉店してしまったんだと
いう光景を目にしました。
b0051598_17582040.jpg
3月3日に前を通りかかった時です。
杏花村から荷物が運び出されるところでした。
b0051598_17582692.jpg
あ~やっぱり閉店でしたか。
「親父たちの往復書簡」の2015.4.9付のブログで貼り紙が
あったと記述されています。
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-2329.html
「都合により休業させていただいております。お詫び申し上げます。」

一度しか入ったことはなかったのですが、トアロードを上がるとき
必ず目にするこのお店でした。
寂しいですね。。。




[PR]
by kobeport | 2017-03-12 20:54 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(2)

あのとき神戸にこんなものがあった! 大正筋のアスタスクエア


◆~2002年7月31日
アスタスクェアは、1階建・約230平方メートルで、約300人が収容可能なホールで、
元パチンコ店を改造して作られました。
その施設運営については、新長田まちづくり株式会社が行い、
震災ですっかり賑わいをなくした大正筋界隈の活性化を目的とした
イベントを行ってきました。
しかし、再開発で新しくできるアスタ国づかのビルをはじめとする
町作りのため取り壊しをきめました。

その間、多くのプロ、アマミュージシャンが出演し地元の音楽活動の
拠点となり震災後寂しくなったこの地区の活性のための目的を果たしました。
最後の日は入場料1000円で大賑わいのさよならコンサート。
b0051598_23570205.jpg

b0051598_13082191.jpg


所在地:神戸市長田区大正筋


[PR]
by kobeport | 2017-03-11 21:00 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 「スイス菓子ハイジ」

神戸生まれの洋菓子「スイス菓子ハイジ」(灘区)
創業は1970年。
灘区水道筋の南にありました。
経営不振のため2007年倒産。
オーナーがスペインのアルハンブラ宮殿を見て感動して作られたという
「アルハンブラ」は人気の洋菓子でした。
阪神間から一時は東京にも進出したようです。
b0051598_21090381.jpg
その後、「ハイジ」の関係者の方が苦楽園で出店され、最近は駅構内での仮店舗などで
「アルハンブラ」を見かけるようになりました。
b0051598_21134557.jpg
先日もJR神戸駅で見かけたので、懐かしさに買ってみました。
昔のままの「アルハンブラ」でした。
b0051598_21140955.jpg
人目を引く灘水道筋南にあった「ハイジ」の店舗。
可愛くていかにも「ハイジ」といった店構えでしたね。

写真は2002年5月撮影。


[PR]
by kobeport | 2017-03-06 21:17 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

フランスの科学探査船タラ号 神戸初入港

フランスの科学探査船タラ号が昨日2日に神戸初寄港です。
27メートルのマスト2本のスクーナー船です。

全長36メートルの小さな船ですが、大西洋、地中海
北極海を公開してきました。
b0051598_22262087.jpg
各地の海水を採取し、帰国後サンゴの与える影響などを解析しています。
b0051598_22263050.jpg
下の写真の一番奥は操舵室です。
そしてキャビンには神戸港初寄港のメダルが飾られていました。
b0051598_22271771.jpg
そしてスタッフはフランスのイケメン。
なんだか映画を観ているみたいです。(*^^*)
b0051598_22265066.jpg
あすもカモメリア周辺ではタラ号のイベントがあります。



[PR]
by kobeport | 2017-03-03 22:36 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! 南京町の大道芸人 2002年

2002年4月の撮影です。
この頃、南京町広場には外人の大道芸人さんがよく来ていました。
ハーモニカ、背負った太鼓、ギターを器用に演奏して
楽しませてくれたものです。
b0051598_21475220.jpg
この方はコミック「神戸在住」第一巻31~32ページにも出ています。
b0051598_21475905.jpg
「COUNTRY ROADS」もよく歌っていましたね。
コミックの中でも歌っています。

今は南京町広場はとても混雑してこんな大道芸の人たちは
演技できなくなったのでしょうか。
最近はまったく見かけませんね。



[PR]
by kobeport | 2017-03-01 21:57 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あの時神戸にこんなものがあった! 新開地 トシヤ

2017年2月28日 新開地トシヤが閉店しました。
1948年(昭和23年)創業。
最盛期には三宮、元町などに計4店舗があったそうです。
名物「黒いそば焼き」は1953年(昭和28年)にすき焼きの残り汁を
入れたらうまいのじゃないかとの発想から生まれたそうです。
b0051598_22230412.jpg
b0051598_22264948.jpg
トシヤさんに入るとまずお冷とお茶を出してくれました。
両方出てくるのは珍しいですが、昔からそうだったそうです。
b0051598_22265699.jpg
黑い焼きそばは日本そばを使います。
出てきたときは真っ黒でびっくりしますが、味は意外と優しく
野菜、豚肉とを割り下じょうゆといため絶妙の食べごたえです。
麺は見かけによらずしなやかで、やみつきの一品です。
その他、すき焼き鍋もごはんとすき焼きと別に出てきて
冬には前を素通りするのが、なかなか辛いものがありました。
またいろんなサービスもありました。
b0051598_22233536.jpg
トシヤのビール。
b0051598_22410063.jpg
b0051598_22294381.jpg
もう一度行きたかったです~



[PR]
by kobeport | 2017-02-28 22:42 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)

あのとき神戸にこんなものがあった! エコカーパスカル研究所 ポーアイ2002年

◆1998年~2002年4月12日
阪神大震災で打撃を受けた観光業のために神戸市が発案。
人材派遣会社のパソナとトヨタ自動車、オリックスが出資。
世界で初めてのエコカー(低公害車)専門のレンタル会社として設立された「神戸エコカー」
と地元のベンチャー企業である静止WHEELキャップを発明した「パスカル研究所」が合併。

「パスカル研究所」の社名は気圧計の発明者である
ロバート・フックに敬意を払い彼のように世の中に貢献できる発明を
行いたいと願って付けられたそうです。
b0051598_22491048.jpg

















写真は画期的な静止ホイール「E-CAPS」(国内外で特許取得済)
b0051598_22491362.jpg

所在地:神戸市中央区港島中町
b0051598_22490703.jpg

撮影日 2002年4月13日
当時はユニークな会社ができたなぁと思っていましたが。。。



[PR]
by kobeport | 2017-02-22 23:01 | 神戸にこんなものがあった! | Comments(0)