神戸トピックス


ふじ丸とロイヤルプリンセス
by kobeport
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
パセリの片思いさん。 ..
by kobeport at 22:22
いつも楽しく拝見していま..
by パセリの片思い at 07:12
oh-takoさん、楽し..
by kobeport at 21:30
ぜひ行きたい、楽しい所で..
by oh-tako at 20:11
chiku39さん、もう..
by kobeport at 19:12
Kobeport様へ ..
by chiku39 at 07:10
oh-takoさん、あり..
by kobeport at 20:50
kobeportさんのグ..
by oh-tako at 16:38
chiku39さん、こち..
by kobeport at 20:29
Kobe port様へ ..
by chiku39 at 08:15
以前の記事
フォロー中のブログ
report
MY MAIN HOMEPAGE
好きです神戸

★としさんの”blogデジの目”
★MSHIBATAさんの”MSIHBATAの徒然に”
★KOBECCO
★神戸在住 from KOBE(きむちさん)
★徒然なるがままに
★コウベライフ
★美し都 神戸から(DAIさん)
★PFさんの不定期日記
★ケロログ(けろさんのブログ)
★かんべの街より(ごはんつぎまろさん)
★緑の基地プロジェクト
★FOODISH 雑食記 ishiさん
★citywatchさん
★須磨の海は宝箱だ宮道さんのブログ
MACHI SOUND
★神戸在住 なおさんのブログ
★神戸たこやき かず@神戸っ子さん
★ちょっとマイナーな神戸探し
★雫石鉄也さんのとつぜんブログ
★KABAのひとりごと
★SURUBONさんの”ケーキどうでしょう”
★midoriさんの”コーベのことでもかこうか”
★京神さんの”神戸を歩く”
★ファルコンさんの神戸散歩メモ
★KOBE千夜一夜物語
★おぴ~コザクラインコ 
★KMさんのphotoブログ
★散策とグルメの記録
★野の花のお気楽日記
★須磨人
摩耶観光ホテルについて
★近代建築watch
★Always a Glowth Phase(messangeaさん)
★なかさんの街探訪
★3k1さんのブログ
★観測所雑記帳ふくださんのブログ
★aruphotoaruさんの写真ブログ
motozukinn7さんの「MY SWEET ROAD」
LA CASA DE BON ボン 大塚さんの「ボンの家」
神戸百景を歩く桃太郎さんのブログ
ほんのidle talk
なだたま灘のホットな話題満載
Yoshiboさんのブログ
YU-1300さんのブログ
こべるん
神戸で公共交通を考えるsclap
私は眠らない
波止場通信
KOBE HEART 東日本大震災支援サイト
田辺眞人のまっこと!ラジオ
波止場通信
自遊空間
カナダ・ダイアリー
花ランナーさん
フォトカフェ
ふねぶろ!

港と船と汽笛と、そしてボク

マッシュ・たわごと


散歩なう

★懐かしいnet-friend
★TeaBreakさんの”てぃぶろ〜ぐ”
★だるま@向こう側(びわんちゅさん)
★しぃこさんの「風を感じて」
★しあわせなぐうぜん
★三宮ポータル
何処へ一徹切り絵旅
カピタンの悠々ライフ
最新のトラックバック
神戸開港150年 祝砲 ..
from CHIKU-CHANの神戸・..
神戸大学 海事科学学部 ..
from CHIKU-CHANの神戸・..
だんじり
from とつぜんブログ
さみしくなった神戸阪急ビ..
from とつぜんブログ
石仏の心764:地蔵盆 ..
from 石仏の心(いしぼとけのこころ)
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
The World 号が..
from CHIKU-CHANの岩国情報
古書店「うみねこ堂書林」..
from とつぜんブログ
神戸港に停泊中の航海訓練..
from CHIKU-CHANの岩国情報
英国の豪華クルーズ客船「..
from CHIKU-CHANの岩国情報
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

遥かなるルネサンス 神戸市立博物館

天正遣欧少年使節がたどったイタリア。
4月22日から始まりましたが、あっというまに最終の7月17日が
目の前です。
あわてて駆け込みましたが、入館に行列の人でした。
b0051598_21382184.jpg

b0051598_21382752.jpg

遣欧少年使節の4人がたどったイタリアでのルートを追います。
長い長い船旅の末、どんなふうに各地で迎えられたかという
記録が文章や絵などの残されています。
イタリアの画家によって描かれた遣欧少年使節の一人、
伊藤マンショが描かれた絵を見ると、少年というより威厳のある
落ち着きが感じられます。
そしてこの伊藤マンショは訪問先でダンスまでした記録が
残されているのです。
ダンスと言っても、昔のイタリアのダンスは映画「ロミオとジュリエット」
などで見られるような非常にゆっくりとした優雅なものだったそうですが、
それでもマンショにとっては初めて見たものだったでしょう。
しかし、落ち着いて所作など感銘を受けたと向こうの記録には
残っているそうですからたいしたものです。

博物館の展示はたどったルートの順に並べられています。

トスカーナ→ローマ→ヴェネツィア→バドヴァ→ヴィチェンツァ→
ヴェローナ→ミラノと続き、船でイタリアを離れ、帰路に着きます。

ヴェネツィアではサンマルコ広場で行われる聖十字架の
行列をわざわざ少年使節が見ることができるように日を
ずらしてくれました。
考えられないほどの歓待が各地で待っていました。

日本に帰国するのは8年ほどの年月がたったあとでしたがその間に
国内の情勢は変わり、キリスト教は秀吉によって禁止されて
しまいました。
その後に待っている運命は彼らにとって本当に過酷なものに
なったのでした。

展示を見て回ると彼らと一緒に旅を続けている気になり、
絵に描かれた人たちに会った気がしました。(#^^#)


[PR]

by kobeport | 2017-07-08 22:10 | 神戸 | Comments(0)
<< ノルウエージャン・ジョイ 神戸... 鈴木商店跡地の碑が完成 >>