神戸山手大学の蛍

2002年に山手大学の構内を流れる宇治川の河川敷で最初に
ゲンジボタルの発光が確認されました。
それから毎年、関係者の皆さんの努力で蛍が発生しています。
今年は5月20日から6月2日まで一般の人々に観察場所を解放
してくださっています。

蛍の観察記録を描いたうちわと、蛍の飴をいただけて
初夏の楽しみのひとつとなりました。
b0051598_22413603.jpg
b0051598_22412163.jpg

構内の橋(蛍橋と呼ばれているそうです)から上流には今までで一番
多くの蛍が乱舞するのが見えました。
ざっと数えて50匹くらいいました。
下流には10匹くらいが見えています。

撮影がうまくないので、あまり写ってないのですが
感じだけでもとupしました。

b0051598_22450207.jpg
写真の中央は大きな木があるのですが、その木の茂みにもたくさんの
蛍がいました。
幻想的な世界で涼風に吹かれて夢のようなひとときです。



[PR]
by kobeport | 2017-05-29 22:46 | 神戸 | Comments(0)