神戸にこんなものがある! 東灘区 岡本桜守公園

岡本南公園というより桜守公園というほうが通りがいいですね。
水上勉の小説「櫻守」のモデルになった笹部新太郎博士の邸宅があったところが
公園になっています。
90年余りの生涯を桜の研究一筋にささげました。
b0051598_21120285.jpg

b0051598_21120616.jpg

笹部博士が研究された、たくさんの種類の桜が
あることでも有名です。
特に笹部桜は花の中央にフリルがあり濃いピンクでたとえようもない
美しさ、愛らしさです。
b0051598_21302159.jpg
b0051598_21121023.jpg

b0051598_21121402.jpg
桜の季節には桜まつりが開催され、ご近所の方や遠くから来られる方で
笹部博士の邸宅跡は桜の花を愛でる人でいっぱいになります。
1966年、神戸新聞平和賞の文化賞受賞。
1967年より水上勉の「櫻守」が毎日新聞で連載開始。


[PR]
by kobeport | 2017-02-15 21:22 | 神戸にこんなものがある! | Comments(2)
Commented by 雫石鉄也 at 2017-02-16 10:48 x
きのう(2/15)神鋼病院で、手術後診察を受けた後、
岡本の梅林へ行ってきました。
この桜守公園は梅林へ行く途中ですね。
なお笹部博士の資料は、西宮の白鹿記念酒造博物館の中に保存されていて公開されています。
Commented by kobeport at 2017-02-16 22:41
雫石さん、無事に手術を終えられてほっといたしました。
術後、お大事になさってくださいね。
そうです、この桜守公園は阪急の鉄道のすぐ北側です。
笹部博士の資料は西宮の博物館でありますね。
何年か前に見に行ったことがあります。
博士の遺言で西宮に保存されているそうですね。
<< あのとき神戸にこんなものがあっ... あのとき神戸にこんなものがあっ... >>