神戸トピックス kobeport.exblog.jp

ふじ丸とロイヤルプリンセス


by kobeport
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

宝文館のこと 元町5丁目

神戸の書店といえば、いつも懐かしく思い出すのが宝文館です。
いつの間にか、名前が変わっていて、今は教科書販売のみの
書店になっています。
このような形態になったのは、2008年2月からのようですが長く気が
つきませんでした。
気がついたのは2010年2月のこと。
神戸トピックス 宝文館

今また、その時に名前があったHOBUNKANの名が消えてしまっています。

今は学友書房。
調べてみると、朝鮮学校の教科書も作っているのがこの会社。
本社は明石のようです。

思えば、本当にたくさんの書店が消え、形態が変わりましたね。
元町、三宮界隈。

2010年2月27日撮影。
まだHOBUNKANの名が残っています。
b0051598_218640.jpg


2013年10月16日撮影。
学友書房。
b0051598_2185231.jpg

[PR]
Commented by 雫石鉄也 at 2014-10-16 11:48 x
そうですね。
三宮の漢口堂、大丸の前の日東館、さんちかのコーベブックス、元町の丸善、海文堂 みんななくなり、三宮元町の大型書店はジュンク堂だけになりましたね。
Commented by るちあ at 2014-10-16 20:22 x
こんばんは!(^O^)/
そうですね。宝文館には、年度替わりに教科書を買いに行きました。

日東館もコ―ベブックスも、そして海文堂も無くなり、個性的な書店が
消えていきましたね。ジュンク堂の一人勝ち?
でも、いまWikiで見たら、ジュンク堂と喜久屋書店が同根であることが
わかり、二つとも神戸発祥の書店で、少しだけ嬉しかったです。
Commented by kobeport at 2014-10-16 22:04
雫石さん、気がついたら誰もいなくなった。。。の感じですよね。
それぞれの本屋さん、懐かしいですね。
元町、センター街の本屋さんをはしごして歩いたのが
懐かしいです。
Commented by kobeport at 2014-10-16 22:07
るちあさん、情報をありがとうございます。
そうなんですか、ジュンク堂と喜久屋書店は同根ですか。
ジュンク堂は神戸から全国にはばたきましたね!
Commented by るちあ at 2014-10-16 23:11 x
補足
もともと、キクヤ図書販売(喜久屋書店)から、社長の息子さんが暖簾分けで始めた大同書店が、ジュンク堂の初まり出そうです。
神戸発祥だと、何となく身贔屓したくなりますねV(^_^)V
Commented by kobeport at 2014-10-17 21:58
るちあさん、詳しい説明をありがとうございます。
神戸の本屋さんのつながりも面白そうです。
次々本屋が消えていく中、がんばってほしいですね!
by kobeport | 2014-10-15 21:02 | 神戸 | Comments(6)