神戸トピックス


ふじ丸とロイヤルプリンセス
by kobeport
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
パセリの片思いさん。 ..
by kobeport at 22:22
いつも楽しく拝見していま..
by パセリの片思い at 07:12
oh-takoさん、楽し..
by kobeport at 21:30
ぜひ行きたい、楽しい所で..
by oh-tako at 20:11
chiku39さん、もう..
by kobeport at 19:12
Kobeport様へ ..
by chiku39 at 07:10
oh-takoさん、あり..
by kobeport at 20:50
kobeportさんのグ..
by oh-tako at 16:38
chiku39さん、こち..
by kobeport at 20:29
Kobe port様へ ..
by chiku39 at 08:15
以前の記事
フォロー中のブログ
report
MY MAIN HOMEPAGE
好きです神戸

★としさんの”blogデジの目”
★MSHIBATAさんの”MSIHBATAの徒然に”
★KOBECCO
★神戸在住 from KOBE(きむちさん)
★徒然なるがままに
★コウベライフ
★美し都 神戸から(DAIさん)
★PFさんの不定期日記
★ケロログ(けろさんのブログ)
★かんべの街より(ごはんつぎまろさん)
★緑の基地プロジェクト
★FOODISH 雑食記 ishiさん
★citywatchさん
★須磨の海は宝箱だ宮道さんのブログ
MACHI SOUND
★神戸在住 なおさんのブログ
★神戸たこやき かず@神戸っ子さん
★ちょっとマイナーな神戸探し
★雫石鉄也さんのとつぜんブログ
★KABAのひとりごと
★SURUBONさんの”ケーキどうでしょう”
★midoriさんの”コーベのことでもかこうか”
★京神さんの”神戸を歩く”
★ファルコンさんの神戸散歩メモ
★KOBE千夜一夜物語
★おぴ~コザクラインコ 
★KMさんのphotoブログ
★散策とグルメの記録
★野の花のお気楽日記
★須磨人
摩耶観光ホテルについて
★近代建築watch
★Always a Glowth Phase(messangeaさん)
★なかさんの街探訪
★3k1さんのブログ
★観測所雑記帳ふくださんのブログ
★aruphotoaruさんの写真ブログ
motozukinn7さんの「MY SWEET ROAD」
LA CASA DE BON ボン 大塚さんの「ボンの家」
神戸百景を歩く桃太郎さんのブログ
ほんのidle talk
なだたま灘のホットな話題満載
Yoshiboさんのブログ
YU-1300さんのブログ
こべるん
神戸で公共交通を考えるsclap
私は眠らない
波止場通信
KOBE HEART 東日本大震災支援サイト
田辺眞人のまっこと!ラジオ
波止場通信
自遊空間
カナダ・ダイアリー
花ランナーさん
フォトカフェ
ふねぶろ!

港と船と汽笛と、そしてボク

マッシュ・たわごと


散歩なう

★懐かしいnet-friend
★TeaBreakさんの”てぃぶろ〜ぐ”
★だるま@向こう側(びわんちゅさん)
★しぃこさんの「風を感じて」
★しあわせなぐうぜん
★三宮ポータル
何処へ一徹切り絵旅
カピタンの悠々ライフ
最新のトラックバック
神戸開港150年 祝砲 ..
from CHIKU-CHANの神戸・..
神戸大学 海事科学学部 ..
from CHIKU-CHANの神戸・..
だんじり
from とつぜんブログ
さみしくなった神戸阪急ビ..
from とつぜんブログ
石仏の心764:地蔵盆 ..
from 石仏の心(いしぼとけのこころ)
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
The World 号が..
from CHIKU-CHANの岩国情報
古書店「うみねこ堂書林」..
from とつぜんブログ
神戸港に停泊中の航海訓練..
from CHIKU-CHANの岩国情報
英国の豪華クルーズ客船「..
from CHIKU-CHANの岩国情報
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

神戸と難民たち 神戸文書館

文書館にて開港150年記念事業とつぃて「神戸と難民たち」展が
開催されています。

1940年(昭和15年)~41年にかけて杉原千畝ビザにより多くのユダヤ人が
神戸に滞在しました。
短い期間での滞在ですが、その場所は本当に広い範囲の地域で
多数の人たちが散らばって次の出国までの時間を過ごされたこと
がわかります。

ユダヤ人の方たちはシベリア鉄道でウラジオストクに向かい
そこから船で福井の敦賀、鉄道で神戸までたどり着きました。
その数は神戸新聞によりますと、4,467人。

文書館ではその間に市民がユダヤ人とかかわった情報を求めています。
今まででもたくさんの情報が寄せられていました。

垂水まで布地を売りにきたユダヤ人の記憶、地元民と一緒に
撮影した写真、小学生の時に見たユダヤ人たちの様子など
そのころ、どんなふうに神戸で滞在されていたかを想像できる
情報です。

貴重なそのころの記憶を確実に残す活動をされていました。



b0051598_21060157.jpg


[PR]

# by kobeport | 2017-08-18 22:00 | 神戸 | Comments(0)

エルトゥールル号事件と神戸

1889年、和歌山沖でエルトゥールル号が遭難します。

1887年皇族の小松宮彰仁がトルコの首都イスタンブール
(当時はコンスタンティノーブル)を訪問し、皇帝アブデュル・ハミト2世と
会見しました。
そしてその返礼としてトルコから日本に遣わされたのが軍艦エルトゥールル号でした。

無事明治天皇との会見を終え、帰途についたとき折からの悪天候で船は座礁します。
和歌山大島村の村民たちが必至で生き残ったトルコの人たちを救助します。
トルコの人たちはその恩を忘れず、語り継ぎ、現在の教科書にも載って
日本国民を今でも親しみを持って接してくれています。

以前トルコに行った時、たくさんの日本語を話す人たちに出会いました。
いや~主にお土産やさんでしたが。(#^^#)

その話は知っていたのですが、神戸が関係していたとは知りませんでした。
現在、文書館でその時の様子を詳しく展示しています。

救助されたトルコの人たちは日本の商船や軍艦に乗せられ神戸にやってきます。
兵庫県知事からの報告では69名の生存者のうち、47名が重軽傷を負っていました。
当初、負傷者は皇室と縁の深い東京の慈恵病院に搬送される予定でしたが
最終的に兵庫県知事の判断で全員神戸にとどまることになりました。

神戸では当時あった和田岬の検疫所が病室と治療室に当てられ
各病院からの医師、看護師が治療にあたりました。

治療が終わり日本から軍艦金剛・比叡の2艦でトルコまで送り届けることに
なりました。
神戸を出港したのは10月11日のことでした。

神戸の検疫所は和田岬の先端の和楽園の北側に「消毒所」とあるところの
ようです。


b0051598_21004577.jpg
b0051598_21005162.jpg
エルトゥールル号で遭難され、神戸で治療を受けられた方々の写真です。


[PR]

# by kobeport | 2017-08-17 21:03 | 神戸 | Comments(0)

ポートオアシスの内部 その2

b0051598_21191028.jpg
ポートオアシスの2階にはアートブランケットが飾られています。
コンセプトは鑑賞する毛布。
「日本一の毛布のまち」泉大津市と開港150年を迎えた神戸市との架け橋となるとともに
かつて諸外国に輸出されていた国産毛布が再び神戸港から世界中に広がっていくことを
祈念しているそうです。
b0051598_21192581.jpg
昔の神戸の写真がこの他にもたくさんあります。
b0051598_21191673.jpg
ホールの入り口のドアのハンドルは神戸市のマーク♪
b0051598_21194052.jpg
b0051598_21194443.jpg
座席は可動式で多様な用途に対応できます。



[PR]

# by kobeport | 2017-08-16 21:00 | 神戸 | Comments(0)

ポートオアシスの内部 その1

ポートオアシスができて食堂だけでなく講演会も開催されます。(笑)
こちらの方がメインです?
開港150年記念講演会で玉岡かおるさんのお話も聞くことができました。
b0051598_19484853.jpg

b0051598_19485462.jpg
2階から見た風景です。
ホールの外には神戸港150年の歩みの写真パネルが
展示してあります。
b0051598_19485887.jpg
b0051598_19490271.jpg
1868年の神戸港開港から、
b0051598_19490653.jpg
b0051598_19491301.jpg
神戸港発展に尽くした人たちの名前。
さすが歴代の開運業の方たちが多いです。
b0051598_19491902.jpg
現在、そして神戸港は未来へと続きます。
b0051598_19492610.jpg

[PR]

# by kobeport | 2017-08-15 19:57 | 神戸 | Comments(0)

神戸ハーバーランド スプラッシュファンタジア

今年は開港150年ということで、スモークも加わり大迫力~!(^^)!



今年も始まりました。

[PR]

# by kobeport | 2017-08-12 08:32 | 神戸 | Comments(0)

夏の花 みなとのもり公園としおさい公園の大学通り

か~っと燃える色が夏の花ですね。
みなとのもり公園の花とバックの六甲山です。

b0051598_21230119.jpg
b0051598_21225559.jpg
さるすべりの花もしおさい公園の大学に植えられているのは
すごく花つきがいいので青空に映えます。
b0051598_21232042.jpg
b0051598_21231235.jpg
夏の花もいいですね♪

[PR]

# by kobeport | 2017-08-10 21:29 | 神戸 | Comments(0)

神戸開港150年 海上花火大会 その2

b0051598_23161875.jpg
なんだかおもしろい形に撮れました。(笑)
感電しそうです~
b0051598_23162564.jpg
b0051598_23163134.jpg
b0051598_23163564.jpg
かぜが
風が強く心配しましたが、無事とどこおりなく打ち上げられて
よかったです。
b0051598_23164560.jpg
b0051598_23165194.jpg



[PR]

# by kobeport | 2017-08-07 20:29 | 神戸 | Comments(0)

神戸開港150年 海上花火大会 その1

今年は記念の年ですので毎年1万発の花火が1万5千発です。
フィナーレで圧巻の連発でしたが、その他にも変わった花火が
多く楽しかったです。

花火が始まる前の様子。
しおさい公園です。
花火の日の楽しみは夕暮れの夕焼けなのですが
今年はきれいな夕焼けはでませんでした。
b0051598_23160434.jpg
最初のオープニングの10分間だけポートタワーの灯りがついています。
b0051598_23153183.jpg
b0051598_23153728.jpg
b0051598_23154379.jpg
ポートタワーの灯が消えてからは花火に集中。
b0051598_23155464.jpg
太陽のような珍しい花火です。





[PR]

# by kobeport | 2017-08-06 23:26 | 神戸 | Comments(0)

神戸港開港150年 海上花火大会のフィナーレ



最後のフィナーレは圧巻でした!!


[PR]

# by kobeport | 2017-08-05 23:14 | 神戸 | Comments(0)

神戸の映画、ドラマ 

「神戸書いてどうなるのか」から、神戸の映画についての忘備録です。

1981年 「風の歌を聴け」 村上春樹原作
   ビーチボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」
   が流れる中で小林薫が港の近くを歩き回る。
   真行寺君枝が元町商店街のレコード屋でバイトしたり。
   監督は大森一樹(村上の芦屋、精進中学校の後輩)
   神戸、芦屋、西宮への思い入れを詰め込んでいる
   1976年5月15日の神戸まつりの暴動もエピソードで
   書かれている。

1989年 「ブラックレイン」
    脇浜の神戸製鋼所
    神戸中央卸売市場の古い建物が「新大久保駅」として
    登場。

2009年 「新宿インシデント」ジャッキー・チェン
    ジャッキーと竹中直人と絡むシーンでは湊川隧道の内部。

2009年 「クローズZERO」
    新長田の六間道商店街 二葉三四商店街
    丸五市場の八百屋の娘は黒木メイサ。


2010年 「アウトレイジ」
    ビートたけし扮する大友組組長の事務所として
    高砂ビルの一室。 HAT神戸。

2014年 「紙の月」
    出てくる駅のホームが市営地下鉄の長田駅。

こうしてみると最近の神戸のロケ地は他の地域の話しを
神戸でロケするのが多いです。
神戸フィルムオフィスの努力の結果、ロケ地を誘致
できているわけですが、他の街の風景として
登場するのは、ちと寂しい気がします。

反対に昔の映画は、いかに神戸を舞台としているものが
多いかというのにも驚かされます。
しかし、昔の神戸を舞台の映画は暴力映画も多いですね。( ;∀;)

[PR]

# by kobeport | 2017-08-02 22:02 | 神戸 | Comments(0)